イギリス~犬たちの悲鳴~   



ブリーディングが引き起こす遺伝病

ドックショーに登場する、異様な姿形の犬たち。
犬の健康より、見た目の美しさが重視される。
犬の価値を外見だけで評価するドックショー。
誤った美意識。
犬種標準から外れた犬は、安楽死させられる。

犬種標準に近づけるために、長年改良を続けてきた純血種より、雑種犬のほうが健康で寿命が長いという調査結果もある。
純血種の問題は、さかのぼればすべて一握りの血統に行き着いてしまうということです。
ケンネルクラブの規定では、同じ犬種の間でしか、繁殖は認められていません。
そのため、今では近親交配が非常に多くなっています。
その結果、遺伝病のという高い代償を払っているのです。
犬種標準を改訂すれば、予防出来る疾患もある。
遺伝的疾患があっても、ドックショーに出場できる資格があるという現実。
飼い主は遺伝的疾患があっても、ショードックとしては、美しい申し分のない犬だと満足そうに話す、その間違った美意識。
私には、理解できない。
そもそも犬種標準ってなんなのよ、人間が勝手に決めた、美しいとされる大きさ、色や柄、姿形。
とにかく、衝撃的な内容で私は、ショックを受けた。













よろしければ、こちらも見てください。
断尾、断耳は動物虐待


ー*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*ー*

毛皮反対署名にご協力お願いします。
毛皮廃止を求める署名


クリック↓で動画


この動画を見て、中国は野蛮だなんて思わないでください。
中国で作られた毛皮を日本はたくさん輸入していて、それを「かわいい」「素敵」「おしゃれ」と身につける日本人だって野蛮です。
欧米などからは「動物虐待王国・日本」と呼ばれているんですよ。
確かにその通り、私もそう思います。
もっと、関心をもってほしい、知ってほしいです。
もっと詳しく知りたい方は、サイドバーの毛皮関連リンクをクリックして下さい。




ランキングに参加しています。


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村




[PR]

by picotann | 2009-10-16 19:17 | 動物愛護

<< ピコたん食欲不振 ぱくんこ撃退? >>